XMで口座凍結される原因と休眠口座との違いをまとめて紹介します!

XMで口座凍結される原因と休眠口座との違いをまとめて紹介します!

XMトレーディングで口座凍結される原因をまとめて紹介します。

 

口座凍結の前に行われる口座休眠との違いは?

 

XMで口座凍結された場合にどのような対処をすれば復活させることができるのか?

 

休眠口座になるとデメリットが発生するので、口座状態を理解して損しないトレードを行ってください。

 

XMトレーディングで口座凍結された場合の対処方法は?

XMトレーディングで口座凍結された場合の対処方法は?

 

久しぶりにXMにログインして上記のような画面が表示されているなら、口座凍結されたということ。

 

口座凍結された場合の対処方法はひとつしかなく、

 

口座凍結時の対処方法

XMで最初に口座開設をした時と同じように口座開設をしてください。

 

その際の注意点として、以前登録した際のメールアドレスで必ず登録すること。

 

それを守らないと不正行為だと判断されますので注意して下さい。

 

XMで口座開設をする!

 

口座凍結されるとこの方法でしか新たな取引をすることができません。

 

カスタマーサポートスタッフに連絡しても、凍結された口座が復活することはないので諦めましょう。

 

XMトレーディングの口座はどのような状態があるのか?

XMトレーディングの口座はどのような状態があるのか?

 

XMトレーディングの口座は利用状況により、下記3つの状態に変化します。

 

口座の状態
  • 通常口座:XMの全ての機能が利用できる状態の口座
  • 休眠口座:90日間取引がない状態の口座
  • 凍結口座:休眠口座になって残高がない状態でさらに90日が経過した口座

 

口座状態の変化を理解していないとXMは損するような仕組みがあるので十分に注意して下さい。

 

XMで休眠口座から口座凍結されるまでの流れは?

 

XMに口座凍結されるまでの流れを簡単に紹介すると、

 

  1. 90日間XMでの取引(入金やポジション)がないと休眠口座になります
  2. 休眠状態になると、毎月口座維持手数料として5ドル(約525円)が残高から徴収されます。
  3. 口座維持手数料を徴収され続けることで口座残高がゼロ円になります。
  4. 口座残高がない状態で90日間経過すると口座凍結されます。

 

注意しなければならないことは、休眠口座になると毎月5ドルずつ消失していくということ。

 

残高がない状態で放置すれば最短で180日で口座凍結されますので注意しましょう。

 

XMの口座維持手数料は休眠状態を改善すれば返還されるのか?

 

XMで休眠口座になると徴収され続ける口座維持手数料ですが、

 

注意

一度徴収された口座維持手数料はどのような手続きを行っても返還されることはありません。

 

XM側でも取引しない顧客の口座を管理し続けるコストは無駄だと考えていますので、返ってこないと理解して下さい。

 

長期間取引しない時はXMの口座から資金を出金しておきましょう。

 

XMの休眠口座を復活させる方法は?

 

口座凍結された場合はその口座を復活させることはできません。

 

しかし休眠状態であれば、すごく簡単に口座を復活させることができます。

 

休眠口座の復活方法

休眠口座を復活させるのは、新たな入金を行うか新たなポジションを持つこと。

 

XMでは口座が休眠状態でもMT4やMT5にはログインできるので、0.01lotでもポジションを持てばアクティブ状態に復活させられます。

マイクロ口座で0.01lotのポジションを持ち続けておけば、5ドルの口座維持手数料よりも安いのでおすすめかもしれませんよ。

 

XMの日本語サポートは充実してる?電話サポートもあるか徹底解説!XMの日本語サポートは充実してる?電話サポートもあるか徹底解説!

 

XMの口座凍結・休眠口座時のデメリットは何か?

XMの口座凍結・休眠口座時のデメリットは何か?

 

XMの口座状態が休眠や凍結になると、口座維持手数料の徴収だけではなく、いくつかのデメリットが発生します。

 

デメリット
  • 毎月5ドルの口座維持手数料を徴収される
  • XMP(XMポイント)が消失する
  • 入金ボーナスが消失する
  • ロイヤルティステータスが降格する

 

上記は実質的な損失なので、XMで口座開設するなら不用意なタイミングでの休眠口座や口座凍結は避けたいところ。

 

少し詳しく解説すると・・・

 

XMで休眠口座(口座凍結)になるとXMPが全て消失します

 

XMでは取引に応じてXMP(XMポイント)を下記条件でもらえます。

 

  • スタンダード口座:10万通貨(1Lot)往復の取引で10XMP
  • マイクロ口座:1,000通貨(1Lot)往復の取引で0.01XMP
  • XM Zero口座:XMPは付与されません

 

XMPは取引に使えるボーナスクレジットかそのまま現金化をすることで、トレーダーに還元されます。

 

そのXMPが全て消失しますので、取引量の多かった人はその分だけ損するということ。

 

100XMPくらいならまだ良いですが、ロイヤルティステータスのランクが高い人だと保有するXMPも大量ではないでしょうか。

 

1ポイント36.7円くらいでクレジットボーナスに交換できるので、大まかな金額を計算する際の参考にしてください。

 

XMで休眠口座(口座凍結)になると入金ボーナスが全て消失します

 

XMでは最大50万円までの入金ボーナスが用意されていますよね?

 

その入金ボーナスも休眠口座や口座凍結になった際に没収されてしまいます。

 

ただ入金ボーナスに関しては、口座をアクティブ化することでまたもらうことができますので、安心して下さい。

 

注意

没収された入金ボーナスが復活するわけではなく、残りのボーナス枠に対して入金ボーナスが付与されるだけです。

 

取得済の入金ボーナスを再取得することはできませんので、その点は間違えないようにしてください。

 

XMで休眠口座(口座凍結)になるとロイヤルティステータスが降格する

XMで休眠口座(口座凍結)になるとロイヤルティステータスが降格する

 

XMのロイヤルティステータスのランクですが、

 

  • ゴールド:30日間取引がないと降格
  • ダイヤモンド:60日間取引がないと降格
  • エリート:100日間取引がないと降格

 

90日取引がないと休眠口座になってしまうので、ほぼロイヤルティステータスはエグゼクティブになると理解しましょう。

 

様々な部分でデメリットがあるので、XMで取引を中断する時は、しっかり準備してから行うようにして下さい。

 

XMトレーディングで口座凍結される理由は何か?

XMトレーディングで口座凍結される理由は何か?

 

長期間トレードをしないこと以外にも、XMの利用規約に違反することで、口座凍結される場合も。

 

不正行為を厳しく取り締まっていますので、これから説明することは絶対にしないようにしてください。

 

口座凍結の原因
  • 新規口座を複数開設して、ボーナスを乱用すること
  • XMトレーディングの複数の口座を使って両建てすること
  • 他のFX会社を使って両建てすること
  • 複数人で結託して両建てすること
  • 窓開けトレード・窓閉めトレードをすること
  • ひとつの通貨をヘッジするような両建てをすること

 

具体的にどのようなことか?

 

項目ごとに詳細を解説していきます。

 

新規口座を複数開設して、ボーナスを乱用することとは?

 

XMでは自分以外の名義を利用して新規口座開設を行い、口座開設ボーナスや入金ボーナスを乱用することは禁止されています。

 

少しでも得したいと考え、過去に何度もボーナスの乱用で口座凍結されている人がいるので絶対にしないでください。

 

スマホ等を使って異なるIPアドレスからアクセスすればバレないと考えるかもしれませんが、絶対にバレます。

 

注意

XMでは本人以外の名義から入出金が行われた場合は調査対象になり、家族の名義の口座やクレジットカードで入金しただけでも口座凍結される可能性があります。

 

口座開設直後に本人確認書類の提出が義務付けられているXM。

 

どれだけ重要視しているのか?ということがこの点からも推測できると思います。

 

XMトレーディングの複数の口座を使って両建てすることとは?

 

両建てとは?
  • 両建てとは同じ通貨ペアの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有すること。
  • スワップサヤ取り(スワップアービトラージ)をすることで為替変動の影響を受けずに利益を受け取ることができます。

 

複数口座を利用して両建てすることで、XMが用意している投資家保護のための制度(強制ロスカットやゼロカット)を悪用することになります。

 

ボーナス同様に制度の悪用は禁止行為なので、複数口座間での両建ては絶対にしないでください。

 

他のFX会社を使って両建てすることとは?

 

XM内の複数口座でバレるなら、他のFX会社の口座を利用すればバレないのではないか?

 

そう考えるかもしれませんが、バレるような仕組みがあります。

 

必要な情報

MT4やMT5を利用して取引した場合、開発元の「MetaQuotes Software」のシステム内で全てのFX業者の取引記録が自動的にチェックされます。

 

最近はMT4やMT5を使っていないFX業者でも自動的に両建てを行っていないか?見破る仕組みが導入されていますので、絶対に行わないようにしてください。

 

XMのゼロカットはいつ?マイナスがリセットされない設定って本当?XMのゼロカットはいつ?マイナスがリセットされない設定って本当?

 

複数人で結託して両建てすることとは?

 

個人だとバレるのなら、複数人で結託したらバレないのではないか?

 

確かにそう考えるのも理解できますが、これまでに多くのトレーダーが同様に考えて実行してきました。

 

FX会社側でもそういった行為を認識していますので、同じタイミングで両建てしていれば、いずれバレてしまいます。

 

複数人で両建てする場合、タイミングの取り方も難しいですし、損するリスクもあるので、あまりおすすめしません。

 

窓開けトレード・窓閉めトレードをすることとは?

 

窓開けトレード・窓閉めトレードとは?

週末に大きなイベントがある時に、金曜日の終値でフルレバレッジでポジションを持ち、月曜日の窓開きを予想して行うトレードのこと。

 

窓開きトレードをすることで、利益方向に窓開きが発生した場合は利確か保有を選び、反対方向に窓開きが発生した場合は強制ロスカットかゼロカットが発動。

 

損失を限定してトータルで利益をあげる手法になるので、強制ロスカット・ゼロカットの悪用とみなされます。

 

ひとつの通貨をヘッジするような両建てをすることとは?

 

異なる通貨間でも同じような値動きをする通貨ペアがあります。

 

ユーロドルやユーロ円がわかりやすいかもしれません。

 

同じタイミングでチャートの動きに関連性のある異なる通貨ペアを保有することで、チャートにズレが生じたタイミングで決済すると、為替リスクを抑えて利益を得ることができます。

 

アービトラージとも呼ばれる裁量取引は禁止行為なので、規約違反で口座凍結の対象になると理解しておきましょう。

 

XMトレーディングで口座凍結原因の記事まとめ

 

この記事ではXMトレーディングの口座凍結と休眠口座について解説してきました。

 

まとめ
  • 口座凍結されたら新規口座開設しか対処法がない
  • 取引をしないと90日で休眠口座になり、残高がない状態で90日経過すると口座凍結される
  • 休眠口座になると毎月5ドルの口座維持手数料を徴収される
  • 休眠口座になるとXMPや入金ボーナスが没収される
  • 休眠口座は入金か新規取引をすれば復活できる
  • ボーナス乱用や両建て、裁量取引をすると口座凍結される可能性が高い

 

ちゃんとした取引を行っていれば、休眠口座や口座凍結のリスクはほとんどありませんが、規約違反や禁止行為はしないようにしましょう。

 

XMはレベレッジも高く信頼性も高いFX会社なので、口座凍結されるのは避けた方が良いですよ。

XMで口座開設をする!

 

XMの新規口座の開設方法を図解付きで開設していますので、登録時の参考にしてください。

 

XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です