FXの確定申告をしてないと税務署にばれる?確定申告不要な条件は?

FXの確定申告をしてないと税務署にばれる?確定申告不要な条件は?

FXの確定申告をしてないと税務署にばれるのか?

 

確定申告が不要な条件と必要になる基準とは?

 

FX初心者でも確定申告について知っていおかないと、税務署にばれて追徴課税の対象になることも。

 

税務署にばれる理由が分かれば、FXの収益を脱税しようとも思いませんし、無駄なリスクを抑制することができますよ。

 

XMで口座開設をする!

 

FXの利益で確定申告が必要になる条件とは?

FXの利益で確定申告が必要になる条件とは?

 

FXの利益がある場合でもすべて確定申告が必要というわけではありません。

 

給与取得に応じて確定申告が必要になる条件が変わってきますので、

 

  • 給与所得者
  • 扶養家族
  • 年金生活者

 

に分けて紹介すると、

 

サラリーマンやOLで定期的な給与所得のある人は、

 

給与所得者

FXで年間20万円以上の利益がある場合は確定申告を行う義務があります。

 

主婦や学生、フリーターなどで扶養家族になっている人は、

 

扶養家族

FXで年間38万円以上の利益がある場合は確定申告を行う義務があります。

 

年金生活者などで公的年金などの収入が400万円以下の人は、

 

給与所得者

FXで年間20万円以上の利益がある場合は確定申告を行う義務があります。

 

扶養家族以外は20万円以上の利益がある場合は確定申告をしなければならないので、条件に合致する人は必ず行ってください。

 

上記に当てはまらない個人事業主や自営業者などは、FXの収益に関わらず例年通り確定申告を行う必要があります。

 

海外FX会社は危険?国内FX業者の方が安心だと思っている人必見!海外FX会社は危険?国内FX業者の方が安心だと思っている人必見!

 

FXの利益が無申告の場合、なぜ税務署にばれるのか?

FXの利益が無申告の場合、なぜ税務署にばれるのか?

 

FXの利益がある人で確定申告の条件を満たす人は絶対に確定申告を行ってください。

 

注意

その理由は簡単であなたが手にした利益は税務署にすべて把握されているから。

 

証券会社に口座開設をする際にあなたの個人情報だけではなく、マイナンバーなどもすべて登録していますよね?

 

証券会社はすべての顧客の取引情報を支払調書という形で報告しています。

 

支払調書を調べるだけで、20万円や38万円以上の利益がある人を簡単に抽出できるということ。

 

それを元に調べれば、あなたがどの通貨ペアのポジションを持ち、どれだけの収益を上げているのか?はあっという間にわかります。

 

国内FX業者を利用している場合は、これらの情報がすべて国税庁に筒抜けであると理解しておきましょう。

 

昨年の利益を申告しなくても何もなかったからといって、税務署が見逃しているわけではありません。

 

税務署側にもすぐに税務調査を行わない理由があるんです。

 

FXの確定申告をしなくてもすぐに税務調査が来ない理由とは?

 

一般的な話としてFXの利益を確定申告しない場合、3年ほど泳がされる傾向があると言われています。

 

なぜすぐに税務調査を行わずに、3年後以降を目処に税務調査に来るのか?

 

すぐに税務調査に来ない理由

すぐに税務調査をするよりも数年放置(泳がせる)した方が、最終的に税務者が得る収入(税収)が増えるから。

 

お役所仕事ですが、税務署も利益の最大化を目指すから。

 

脱税者からより多くの税収を得ることが、担当者の評価に繋がり、将来的な昇進にも影響します。

 

すごくせこい話に聞こえますが、確定申告をしない方が悪いのでここは納得するしかありません。

 

具体的にどのくらい違うのかと言うと、

 

ペナルティー 追加の税金
無申告加算税 本来支払う税額が50万円以下の場合は15%でそれ以上の場合は20%の税が加算されます。
滞納税 納税期限から2ヶ月目までは年率7.3%、それ以降は年率14.6%の税が加算されます。
悪質な所得隠し 申告漏れが悪質だと判断された場合、別途40%の税が加算されます。

 

悪質だと判断されない場合でも、税務調査を行う時期を遅らせれば遅らせるほど、税収が増える仕組みだということがわかりますよね。

 

こういったメリットがあるので税務署側も急いで税務調査を行わない傾向があると言われています。

 

FXの収益が赤字なら確定申告は絶対に行うべき!

 

FXで利益がないので確定申告は面倒だからしたくない。

 

そう考える人もいるかもしれません。

 

しかし赤字だからこそ、確定申告はしっかり行うべき。

 

赤字申告のメリット

FXで発生した赤字は翌年以降の利益と相殺することができ、翌年以降の課税対象額を減らすことができます。

 

もし仮に今年の赤字が50万円で、来年の利益が50万円なら来年のFXの利益に対する税金が発生しなくなるということ。

 

当然ですが来年も確定申告を行って、繰越控除の対象であることを証明する必要があります。

 

他にも確定申告をすることで、FXの取引に必要な設備や資料の購入などの経費を計上して利益を圧縮することも。

 

FXをする以上は確定申告をしなければならないものと理解しておいた方が良いでしょう。

 

 

海外FX業者だと確定申告をしなくても税務者にばれないのか?

海外FX業者だと確定申告をしなくても税務者にばれないのか?

 

ネット上では海外FX業者ならマイナンバーの登録もないし、国税庁への報告義務もないので確定申告をしなくてもばれないという書き込みがあることも。

 

ただ個人的には海外FX業者でも利益があるなら、確定申告を行うことをおすすめします。

 

なぜって、ここで脱税してなんて書けないでしょ。

 

という理由だけではなく、様々な部分であなたの収益がばれる可能性があるから。

 

海外FX業者でもばれる理由
  • 海外のFX業者から国内口座に100万円以上の送金をした場合
  • クレジットカードの引き落とし口座が海外の金融機関になっている場合
  • 租税条約等、日本の国税庁との情報交換が行われている場合
  • 海外の税務署が脱税の嫌疑をかけて日本の税務署に連絡した場合

 

こういった状況になると、海外FX業者の口座で取引をしても利益があると判断され、脱税疑惑を持たれる可能性は否定できません。

 

FXで借金地獄?人生終わった人になる前に知っておくべきことは?FXで借金地獄?人生終わった人になる前に知っておくべきことは?

 

FXの確定申告をしてないと税務署にばれるのかの記事まとめ

 

この記事ではFXの確定申告をしてないと税務署にばれるのかということについて紹介してきました。

 

まとめ
  • 国内FX業者は支払調書を税務署に送信しているので確実にばれる
  • 確定申告をしないよりもした方がメリットがあり
  • 数年間、税務調査に来ない場合は泳がされている可能性がある
  • 税務調査に来たらガッツリ税金を持っていかれる
  • 海外FX業者だからという理由だけで確定申告をしない理由にはならない

 

FXでも株でも国内の業者を使えば、今はすべて税務署に情報が共有されていると理解しましょう。

 

確定申告をしないことも脱税することも、基本的には避けるべきだと私は考えています。

 

儲かっても儲からなくても、確定申告をするメリットはありますので、必ず毎年行うようにしてくださいね。

 

国内FX業者よりも海外FX業者の方がハイレバレッジの取引ができますし、ゼロカットシステムのおかげで借金を抱えないメリットも。

 

まずはどのような特徴があるか、XMトレーディングの公式サイトでチェックしてみてください。

 

XMで口座開設をする!

 

XMトレーディングの新規口座の開設方法を図解付きで解説していますので、登録時の参考にしてください。

 

XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です