海外FX会社は危険?国内FX業者の方が安心だと思っている人必見!

海外FX会社は危険?国内FX業者の方が安心だと思っている人必見!

海外FX会社は危険だと雑誌などで話題になっていますが、本当にそうなのでしょうか?

 

国内FX会社と海外FX会社の違いを知ることで、どちらFX初心者におすすめなのかを徹底検証。

 

FXで借金したくない人は国内FX会社よりも海外FX会社の方が安心かも。

 

どちらが安全なFXの取引が可能なのか?それぞれの特徴から詳しく紹介しますので、FX会社選びに悩んでいる人必見です。

 

 

国内FX会社と海外FX会社の一番の違いは金商法の許認可の有無!

国内FX会社と海外FX会社の一番の違いは金商法の許認可の有無!

 

国内FX会社と海外FX会社を比較する際に、最もわかりやすい違いが金商法の認可の可否。

 

日本国内でFXなどの勧誘を行う際には、

 

金融庁が管轄する金融証券取引法の認可を受けた企業のみ日本国内で事業を行うことが認められています。

 

金融庁が海外のFX会社が危険というのは、金商法の許認可を受けていないから。

 

言い換えると、日本のルールに従わない企業の国内での活動は認めるべきではないという考え方の元で運営されているルール。

 

確かに金融庁が認可していると安心ですよね。

 

では金融庁が認可していない海外FX会社は危険なのでしょうか?

 

どの国の金融ライセンスも取得していない海外FX会社は明らかに危険!

 

まず知っておくべきなのは、

 

注意

世界のどの国の金融ライセンスを取得していない海外FX会社では、詐欺や不正行為、出金トラブルなどが起こると考えて間違いないでしょう。

 

これは基本的なことで、どの国の金融庁の許認可も受けていないわけですから、自由気ままな経営ができます。

 

会社の資金が少なくなれば出金を止めたり、売買したと見せかけたり、不正行為があったとアカウントを凍結するのも簡単ですよね?

 

国内FX会社とか海外FX会社とか言う前に、明らかに怪しい業者に登録&入金するのは止めましょう。

 

日本の金融ライセンスを持っていない海外FX会社にも安全な会社は多い

 

日本の金融ライセンスを取得していない海外FX会社が危険だというのは、あくまでも金融庁のスタンス。

 

でもなぜ海外のFX会社が日本の金融ライセンスを取得しないのか?

 

それには非常に簡単な理由があり、

 

MEMO

世界中の国の投資家を相手にするので、日本の金融庁の規制に準じると世界の投資家に使ってもらえなくなるから。

 

日本と海外では金融に関するルールが大きく異なります。

 

例えば日本のFXのレバレッジの上限は25倍ですが、海外ではそんなルールはありません。

 

500〜3,000倍のレバレッジなんて普通ですし、中には5,000倍近いレバレッジで取引できるFX業者も。

 

FXは効率的に資金を動かせることも魅力のひとつなので、日本のルールに縛られてしまうと他の国の投資家には相手にされなくなります。

 

明らかに機会損失につながることをするメリットはありませんよね?

 

だから多くの海外FX会社は日本の金融ライセンス(金商法に準じた経営)を行わないという選択をします。

 

FX初心者におすすめの海外FX業者はXMトレーディング

 

日本国内で金商法の許認可を受けていない海外FX会社のなかで、FX初心者に特におすすめしたいのがXMトレーディング。

 

XMトレーディングは日本人投資家が最も多く登録している海外FX会社のひとつ。

 

世界各国190ヶ国以上でサービスを展開しており、現在8ヶ国語以上対応のサポートを提供しています。

 

金融ライセンスはセーシェル金融庁発行のSD010というものを取得していますので、日本の金融ライセンスはありませんが危険なFX会社ということはありません。

 

XMトレーディングのライセンス取得状況や安全性についてはこの記事を参考にしてください。

 

XMのライセンスは?金融庁が認可&信託保全されてる安全なもの?XMのライセンスは?金融庁が認可&信託保全されてる安全なもの?

 

国内FX会社と海外FXではゼロカットシステムの違いがある!

国内FX会社と海外FXではゼロカットシステムの違いがある!

 

FX初心者に知っておいて欲しいことのひとつに、ゼロカットシステムというものがあります。

 

ゼロカットシステムとは、

 

MEMO

ゼロカットシステムとは海外FX会社のみにある、証拠金以上の追証が発生しない仕組みのこと。

 

国内FX会社ではゼロカットシステムの運用を認めていません。

 

ゼロカットシステムがないということは、追証が発生すればそれが投資家の借金になるということ。

 

投資家保全という観点で考えると、ゼロカットシステムの導入は必須。

 

しかし金融庁はFX会社にゼロカットシステムの運用を認めておらず、投資家にすべての責任を取らせる方針で運営しています。

 

相場の暴落や急騰時に逆のポジションを持っていれば、その瞬間に強制ロスカットが発動して追証を支払わなければなりません。

 

追証=証券会社への借金ですので、それを支払えなければ債務整理や自己破産をしなければならないということ。

 

 

日本のFX会社に追証が支払えなければ借金を抱えることになる

 

資産を増やそうと行ったFX取引で借金を作ってしまうとか、最も求めていない結果ですよね?

 

でも実際にFXで借金地獄にハマる人もいます。

 

儲かるはずのFXで借金を抱えてしまうとか意味不明ですよね。

 

実際にFXで借金地獄になるというのはどういうことなのか?

 

この記事で詳しく紹介していますので、FX初心者こそ読んでおいてください。

 

FXで借金地獄?人生終わった人になる前に知っておくべきことは?FXで借金地獄?人生終わった人になる前に知っておくべきことは?

 

海外FX会社は危険なのか?の記事まとめ

 

この記事では海外FX会社は国内FX会社と比較して危険なのか?ということについて解説してきました。

 

まとめ
  • 海外FX会社は金融庁の認証を受けていないが、他の国の金融ライセンスを取得している場合もある
  • 海外の金融ライセンスの方が信頼度が高い場合もある
  • 金融庁の許認可を受けるためには日本国内のルールに従う必要がある
  • 国内FX会社は金商法の関係でゼロカットシステムが導入できない
  • ゼロカットシステムが機能すれば追証は発生せず借金のリスクはない
  • 国内FX会社で追証が発生し、支払えないと投資家側の借金になる

 

国内FXが安全で海外FX会社が危険というわけではありません。

 

どのFX会社を選ぶか?

 

どのような取引方法をするのかによって、あなたにあったFX会社は変わってきます。

 

どのFX会社を選ぶべきか悩んでいるのなら、海外の企業ですがXMトレーディングは非常におすすめですよ。

 

XMで口座開設をする!

 

XMの新規口座の開設方法を図解付きで解説していますので、登録時の参考にしてください。

 

XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です