FXの買注文と売注文の基本ルール、どのような注文方法があるのか?

FXの買注文と売注文の基本ルール、どのような取引方法があるのか?

FXの買注文と売注文の基本ルールまとめ。

 

どのような注文方法があるのか?

 

FXのトレードをするためにも覚えておくべき基本的な注文方法を紹介します。

 

成行注文や指値注文だけではなく、逆指値を設定できたり、利益や損失をエントリー時に制限できる方法も。

 

FXで大損しないためにもどのような取引方法が利用できるのか、実際のエントリーをする前に確認しておいてください。

\ボーナスコードの入力で3000円分のボーナスがもらえる/
 

XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!

>>XMの口座開設方法はこの記事を参考にしてください。<<

FXの取引の基本は買注文と売注文の組み合わせで決まる

 

FXの取引の基本は買注文と売注文の組み合わせで決まる

 

FXの取引はBID(売注文)とASK(買注文)の組み合わせで行なわれます。

 

チャートが上に動くと思えば買注文(ASK)を選ぶ、チャートが下に動くと思えば売注文(BID)を選んでください。

 

エントリーの基本はこれだけです。

 

ただFXの場合、複数の方法で取引を行うことができますので、その機能をうまく活用してより効率的なトレードを行ってください。

 

FXの成行注文とは?どのような特徴がある注文方法か?

 

成行注文はFXの取引方法で最も簡単な方法。

 

成行注文
  • 成行注文は最もシンプルな注文方法で今すぐに売りたい時や買いたい時に柄取引方法です。
  • 注文を出したタイミングのリアルタイムレートで通貨ペアの売りか買い、バカ倍する量を指定して行う方法です。

 

チャートを見ながらエントリーできるために、スキャルピングなどの手法と相性の良い注文方法です。

 

ただ成行注文にはひとつだけデメリットと言える部分がありますので、それを知っておくことが大切です。

 

FXの成行注文はスリッページが起こりやすいので注意が必要!

 

成行注文はユーザーが行った注文がFX会社の取引サーバーで処理された時のレートで約定します。

 

もし仮に米ドル円の通貨ペアで130.00円の時に成行注文をしても、サーバーで処理された時間に130.05円になっていれば、それだけずれて約定されるということ。

 

このズレは利用するFX会社によって異なりますので、あまりにもスリッページが起こる会社で取引をするのはおすすめできません。

 

特に経済指標の発表時などは取引が殺到しますので約定のタイミングが大きくずれてしまう場合も。

 

スイングトレードではそこまで大きな影響はありませんが、スキャルピングではこのズレが大きな差になりますので注意してください。

 

FXの必要証拠金・有効証拠金・証拠金維持率とはどういうものか?FXの必要証拠金・有効証拠金・証拠金維持率とはどういうものか?

 

FXの指値注文とは?どのような特徴がある取引方法か?

 

指値注文とは予め売買したいレートを指定して行う取引方法のこと。

 

指値注文
  • 指値注文は成行注文と反対に、現在のレートが上がったり下がったりした時に買いたい時や売りたい時に使う注文方法。
  • 買いの指値注文では現在のレートよりも下のレート、売りの指値注文では現在よりも上のレートを指定します。

 

指値注文はレートが動く時により有利なレートで取引をしたい時に使われる方法です。

 

現在のレートが130円で今後135円まで行くと考えた場合に、127円で買うことができれば差額3円分利益を上乗せできますよね。

 

予め127円に指値注文で買注文を入れておけば、自動的に注文が約定しますので、スムーズに購入できます。

 

さらに売り注文の指値注文を入れておけば、予想通りにレートが上昇した時に自動的に決済を行うことができ、タイミングを逃しません。

 

成行注文だとスリッページが発生せずに、予定額で売買できる

 

成行注文は事前に売注文や買注文を行う金額を指定していますので、その金額にレートが動いた時に自動的に決済されます。

 

だから成行注文にあるスリッページリスクは存在しません。

 

全て自動決済されるので、忙しくてチャートをずっと見ておけないという人にも指値注文はおすすめ。

 

FXの間違った常識が個人投資家の損失を大きくして負けやすくなるFXの間違った常識が個人投資家の損失を大きくして負けやすくなる

 

FXのIFD(イフダン)注文とは?どのような特徴がある注文方法か?

 

ここからは少し応用編になるので、最初は慣れないかも知れませんが使える様になると、かなりストレスのないトレードができるようになります。

 

IFD(イフダン)注文とは?
  • IFD(イフダン)注文とは新規注文と決済注文を同時に出す注文方法。
  • もし〇〇円になったら新規で購入して、その後〇〇円になったら売り注文をする2つの注文を同時に出す方法。

 

通常の指値注文であれば決済の売り注文は別に出しますが、IFD(イフダン)注文を使えば同時にできるので、その手間を省く事ができます。

 

IFD(イフダン)注文は逆指値注文(ストップ注文)と組み合わせることもできる

 

IFD(イフダン)注文は通常の指値注文以外に逆指値注文と組み合わせることができ、ストップ注文と呼ばれています。

 

相場が逆に動くことも考えて、事前に損切りラインを決めてその注文を行うことができるんです。

 

IFD(イフダン)注文を使って、130円になったら買いで128円になったら売注文を出しておけば、126円までレートが下がっても損失は2円だけ。

 

本来の半分の損失でロスカットできますし、逆に135円まで動けば好きなタイミングで利確すれば良いと思います。

 

IFD(イフダン)注文を使うことで損失のコントロールを機械的にできるようになりますので、非常に魅力的ではないでしょうか。

 

XMの基本通貨とは?日本円とドルを選ぶ際の基準や変更方法は?XMの基本通貨とは?日本円とドルを選ぶ際の基準や変更方法は?

 

FXのOCO注文とは?どのような特徴がある注文方法か?

 

FXのレンジ相場で役立つ注文方法がOCO注文(One Cancels the Other)です。

 

OCO注文
  • OCO注文とはリアルタイムレートで上下の両方に注文を出しておき、片方が成約されたら成約されなかった注文がキャンセルされる注文方法のこと。
  • 新規注文でも決済注文でも使えますので、レンジ相場で上に抜けるか下に落ちるかで使い分けるのが良いと思います。

 

レンジ相場をブレイクした時にエントリーしたいけど、じっくりチャートを見ている時間がない時に使えます。

 

売りでも買いでも使えるので、手仕舞いしたい時に役立ててください。

 

XM口座の残高マイナス時の対処方法と追証やゼロカットの関係性は?XM口座の残高マイナス時の対処方法と追証やゼロカットの関係性は?

 

FXのIFO注文とは?どのような特徴がある注文方法か?

 

IFD注文とOCO注文を組み合わせて行う注文方法がIFO注文。

 

IFO注文

IFO注文を使うことで、新規注文が約定したら利益確定と損切り注文の両方を行い、片方が約定したらもう片方がキャンセルされるという自動取引ができます。

 

現在のレートが130円の時に今後レートが上昇すると考え、131円に逆指値の買注文をIFO注文でしたとします。

 

131円で約定したら130円の損切りと133円の利確注文が発動。

 

仮にレートが130円になれば損切り注文が確定し、レートが133円になると利確注文が行なわれ損切り注文がキャンセルされます。

 

FXでIFO注文が使えるとトレードを全て自動化できる

 

IFO注文をすることで、トレードの最初から最後まで1回の注文で完結するので、自動化させることができます。

 

最初のうちはデモ口座でトレードして覚えるようにしてください。

 

兼業トレーダーにIFO注文は合っている注文方法なので、うまく活用できるようになることをおすすめします。

 

海外FX会社は危険?国内FX業者の方が安心だと思っている人必見!海外FX会社は危険?国内FX業者の方が安心だと思っている人必見!

 

FXの買注文と売注文の基本ルール、どのような取引方法があるのかの記事まとめ

 

この記事ではFXの買注文と売注文がどのような注文方法でできるのかということについて説明してきました。

 

まとめ
  • 成行注文:最もシンプルな注文方法で今すぐに売りたい時や買いたい時に柄取引方法です。
  • 指値注文:成行注文と反対に、現在のレートが上がったり下がったりした時に買いたい時や売りたい時に使う注文方法。
  • IFD(イフダン)注文:新規注文と決済注文を同時に出す注文方法。
  • OCO注文:リアルタイムレートで上下の両方に注文を出しておき、片方が成約されたら成約されなかった注文がキャンセルされる注文方法のこと。
  • IFO注文:新規注文が約定したら利益確定と損切り注文の両方を行い、片方が約定したらもう片方がキャンセルされるという自動取引ができます。

 

最初はわかりにくいのでデモ口座で何度かチャレンジして取引のコツを掴むのがおすすめ。

 

本当に多くの注文方法があるので、あなたにあった方法を覚えてください。

 

特にIFO注文ができるようになれば、自動取引も可能ですし、感情を抜いたトレードができるので、大負けしにくくなると思いますよ。

 

多くの人が国内のFX業者を勧めますが、個人的には海外の業者の方がメリットが多いと考えています。

 

国内FX業者よりも海外FX業者の方がハイレバレッジの取引ができますし、ゼロカットシステムのおかげで借金を抱えずに済むメリットも。

 

まずはどのような特徴があるか、XMトレーディングの公式サイトでチェックしてみてください。

 

XMで口座開設をする!

 

XMトレーディングの新規口座の開設方法を図解付きで解説していますので、登録時の参考にしてください。

 

XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\日本人に一番人気の海外FX会社/
XMに登録してボーナスをもらう!
\日本人に一番人気の海外FX会社/
XMに登録してボーナスをもらう!