FXの必要証拠金・有効証拠金・証拠金維持率とはどういうものか?

FXの必要証拠金・有効証拠金・証拠金維持率とはどういうものか?

FXのトレードをする際に大事な必要証拠金・有効証拠金・証拠金維持率とはどういうものか?

 

それぞれの言葉の意味を理解していないとFXのトレードを安全に行う事ができません。

 

必要証拠金・有効証拠金・証拠金維持率とはどういう意味の言葉か?

どう理解しておけば安全なのかなど、FXのトレードの基本となるキーワードについて紹介します。

 

\ボーナスコードの入力で3000円分のボーナスがもらえる/
 

XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!

>>XMの口座開設方法はこの記事を参考にしてください。<<

FXの基本、必要証拠金・有効証拠金・証拠金維持率とは?

 

少額の投資金額で始められることでも人気のFXですが、基本的なキーワードを知らないとまともな取引を行うことはできません。

 

この記事ではFXで最も重要なキーワードである

 

  1. 必要証拠金
  2. 有効証拠金
  3. 証拠金維持率

 

について解説します。

 

最低でもこの3つのキーワードを覚えておかないとまともな取引を行うことができませんので、ぜひよんでおいてください。

必要証拠金とは何か?FX初心者にもわかりやすく説明します。

 

FXの取引をするために必要になるのが必要証拠金です。

 

必要証拠金とは?

FX会社に入金した証拠金の中でも最低限のポジションを取るために必要な金額のことを必要証拠金といいます。

 

必要証拠金が不足する状態ではFXのトレードを行うことができないということ。

 

FX会社によって裁定取引単位が違いますので、それによっても必要証拠金は変動します。

 

国内FX会社と海外FX会社では通貨ごとの最小取引単位が異なる

 

一般的に国内のFX会社は1000通貨単位、海外のFX会社は1万通貨単位を最小取引単位に設定している傾向があります。

 

基準とする通貨単位も決められており、それを1ロット(Lot)として設定。

 

海外FX会社会社ではお見に10万通貨単位を1ロットにするのが主流ですので、FX会社を選ぶ際にも確認しておくのも大切なポイント。

 

取引前にも何通貨単位から取引できるのかをしっかり確認しておきましょう。

 

必要証拠金の計算方法はどうすればよいのか?

 

FX会社では最小取引単位である1ロットあたりの取引が基本ですが、どの通貨を選ぶのかによって、必要証拠金が変わります。

 

基本的な計算方法は、

 

計算方法

為替レート × ロット数 × レバレッジ = 必要証拠金

 

少しわかりにくいので、具体的な数字で説明すると、

 

1ドル130円の時に1万通貨単位で25倍のレバレッジをかけた場合の必要証拠金は、130 × 10000 × 0.04 =52,000円。

 

国内FX会社では25倍が最高レバレッジですが、XMのような海外FX会社だと888倍などの非常に高いレバレッジをかけることができます。

 

1ドル130円の時に1万通貨単位で800倍のレバレッジをかけた場合の必要証拠金は、130 × 10000 × 0.00125 =1,625円。

 

どのFX会社を使うのかで同じ規模の取引を行っても必要になる必要証拠金が異なります。

 

有効証拠金とは何か?マイナスになるデメリットもわかりやすく説明します。

 

FXのトレードを始めると気にしなければならないのが有効証拠金。

 

有効証拠金とは?
  • FXのトレードを開始してポジションを持つと為替レートの変動によって未決済の損益(含み益や含み損)が発生しますので、その損益を反映させた証拠金のことを必要証拠金といいます。
  • 実際にトレードに使うことができる費用と言い換えることもできます。

 

有効証拠金は為替レートが変動することで常に変化しているということ。

 

もし仮に20万円を入金して保有ポジションで2万円の含み損がある場合の有効証拠金は18万円になります。

 

有効証拠金の大幅なマイナスが強制ロスカットのトリガーになる

 

FXでポジションを持つことで常に変動している有効証拠金。

 

有効証拠金が大幅にマイナスになることで、強制ロスカットが発動して全てのポジションが決済されることも。

 

投資家にとって最も悲しい時間になりますので、有効証拠金が不足した場合に眺めているのは得策ではありません。

 

マイナス時の対応
  • 現在のポジションを維持したい場合は、追加でFX会社の口座に入金して証拠金増やす必要があります。
  • 現在のポジションを解消したい場合は、強制ロスカットが発動する前に損切りをする必要があります。

 

為替レートがどちらに動くのか?

 

それをひとつの判断材料にして、どう行動するか決定してください。

 

XMはロスカットで追証が発生する?証拠金の計算方法や仕組みを解説XMはロスカットで追証が発生する?証拠金の計算方法や仕組みを解説

 

証拠金維持率とは何か?強制ロスカットの基準なので管理が重要!

 

FXでポジションを持ち続けるためには、証拠金維持率を確認しなければなりません。

 

証拠金維持率とは?
  • 必要証拠金に対する有効証拠金の割合のことを証拠金維持率といいます。
  • FX会社の口座に入金している純資産に対して、トレードに使っている証拠金の割合を表したものと理解してください。

 

含み損が出れば出るほど証拠金維持率が低下してやばい状態に。

 

どのFX会社でも一定割合以下になると、強制ロスカットが発動してしまうので本当に注意してください。

 

証拠金維持率の低下は強制ロスカットのトリガーになる

 

FXで強制ロスカットなんて、そんなに簡単に頻繁に起こらないと思っているかもしれません。

 

しかし国内のFX会社の必要証拠金維持率は50〜100%。

 

もしその会社が設定している証拠金維持率よりも少しでも低くなれば、その瞬間に全て強制ロスカットされるということ。

 

複数のポジションを持っており、含み損があって将来的に大きな利益になるとしても、それでも全てのポジションが解消されてしまいます。

 

強制ロスカット=資金の大幅な減少ですので、本当にこれだけは避けなければならない部分。

 

証拠金維持率は維持できているか、強制ロスカットの基準は何%か。

 

ポジションを持っているタイミングではその両方をしっかり把握して、資金管理が適正にできているか確認してください。

 

FXでポジションの強制ロスカットを避ける方法はあるのか?

 

FX会社にポジションの強制ロスカットをされるのは絶対に避けたいですが、どうすれば起こりにくいのか?

 

それは必要証拠金に対する有効証拠金の割合を低くすること。

 

その方法として一般的なものは、

 

予防法
  • レバレッジは必要以上に高く設定しない
  • 予め損切り注文を入れておく
  • 必要証拠金は余裕を持って入金しておく

 

この3つの管理を徹底することで、証拠金維持率の大幅な低下を防ぎ、FXで最悪と言われる強制ロスカットを予防することができます。

 

日本国内のFX会社では強制ロスカットで追証(借金)が発生する可能性もある

 

FXの強制ロスカットの怖い部分は全てのポジションが解消されるだけではありません。

 

最悪な強制ロスカットは、

 

最悪の場合
  • ポジション維持に必要な証拠金に満たない金額を追加保証金(追証)が発生したのでロスカットのために入金したら、レートが逆行してさらにロスカットされる状態。
  • 追証は委託保証金を追加で入金しなければならない状態のことで、FX会社への借金とも言えます。

 

証拠金がマイナスになり追証が膨れ上がると、投資どころの騒ぎではなく借金返済のために追加で費用を用意する必要があります。

 

ただ多くのFX会社で証拠金がマイナスにならないように考えられていますが、短時間に相場が急変するとそれが間に合わない場合も。

 

FXの場合、そのようなタイミングで借金を抱えるリスクがゼロではないということも理解しておいてください。

 

ただ海外のFX会社には強制ロスカットでも追証が発生しない仕組みがあるので、その方がFX初心者は安心でしょう。

 

XMのゼロカットはいつ?マイナスがリセットされない設定って本当?XMのゼロカットはいつ?マイナスがリセットされない設定って本当?

 

FX会社に追証を払えない場合はどうすればよいのか?

 

追証が払えないと強制決済(ロスカット)で損失額が確定します。

 

その瞬間、あなたの借金が確定しますので、どうにかしてその金額を補てんして証券会社等に支払う必要があります。

 

あなたの状況や会社によっても異なりますが、

 

対処方法
  • 証券会社にあるい保有中の建玉を決済する
  • 証券会社に分割払いを依頼する
  • 他の金融機関からお金を借りる

 

最悪の場合は、自己破産するしかなくなってしまうので、無理なポジションは持たないようにしてください。

 

それと証拠金維持率を低くするための方法で紹介したレバレッジの制限と損切りの設定を必ず行うようにしましょう。

 

そうすることで安全かつ健全なトレードを行う事ができます。

 

様々なリスクを考えると、FX初心者ほどXMトレーディングのような海外のFX会社の方が安全だと思いますよ。

 

FXの必要証拠金・有効証拠金・証拠金維持率のまとめ

 

この記事ではFXのトレードをする上で重要なキーワードである必要証拠金・有効証拠金・証拠金維持率について説明してきました。

 

まとめ
  • 必要証拠金:FX会社に入金した証拠金の中でも最低限のポジションを取るために必要な金額のこと。
  • 有効証拠金:ポジションを持つことで発生する為替レートの変動による未決済の損益(含み益や含み損)を反映させた証拠金のこと。
  • 証拠金維持率:必要証拠金に対する有効証拠金の割合のことで、純資産に対してトレードに使っている証拠金の割合を表したもの。
  • 証拠金維持率の低下が強制ロスカットのトリガーになり、追証が払えないと借金を抱えることになる

 

FXはレバレッジがかけられることで、投資額以上に大きな利益を獲得する事ができますが、間違った使い方をすればそれをきっかけにマイナスになる場合も。

 

正しい方法で行なわないと相場の急変についていくことができなくなりますので、本当に注意してください。

 

強制ロスカット後の追証はかなりヤバい状態になるので本当に注意してください。

 

多くの人が国内のFX業者を勧めますが、個人的には海外の業者の方がメリットが多いと考えています。

 

国内FX業者よりも海外FX業者の方がハイレバレッジの取引ができますし、ゼロカットシステムのおかげで借金を抱えずに済むメリットも。

 

まずはどのような特徴があるか、XMトレーディングの公式サイトでチェックしてみてください。

 

XMで口座開設をする!

 

XMトレーディングの新規口座の開設方法を図解付きで解説していますので、登録時の参考にしてください。

 

XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\日本人に一番人気の海外FX会社/
XMに登録してボーナスをもらう!
\日本人に一番人気の海外FX会社/
XMに登録してボーナスをもらう!