FXの間違った常識が個人投資家の損失を大きくして負けやすくなる

FXの間違った常識が個人投資家の損失を大きくして負けやすくなる

FXの間違った常識が個人投資家の損失を大きくして負けやすくなるのを知っていますか?

 

どのような常識が間違っているのか?

 

FXで大きな損失を出さないためにも間違った情報を活用しないでください。

 

投資なので自己責任だと言われても、誰も損したくないと思いますので、実際の取引をする前に常識の書き換えをしておきましょう。

 

XMで口座開設をする!

 

FXの入門書や雑誌、ネットの情報は全て正しいわけではない。

 

入門書や雑誌に書かれていることは、さも本当のことで専門家が言っているので信じられると考える人もいると思います。

 

もちろん、全てが嘘ではなく過去の経験則に則った情報であったり、相場を振り返った時にそうだったということもあります。

 

もし参加した全員がその通りにやって勝てるなら凄いことですが、参加タイミングや状況によってそれらが全て正しいということはありません。

 

FXでも8割とか9割の人が負けるのは誤った常識を信じすぎてしまい、勉強不足のままなんとなくトレードを行なってしまうから。

 

具体的にどのようなことが間違った常識なのかというと、

 

誤った常識
  • 専門家の意見は正しいので信じたほうが良い
  • 高金利通貨の取引をすれば稼げる(稼ぎやすい)
  • 安くなったら買って、高くなったら売れば良い
  • トレードにはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の両方が必須

 

それぞれどのようなことなのか。

 

詳しく解説していきますので、間違った常識から脱却するためにも確認しておいてください。

専門家の意見は正しいので絶対に信じたほうが良いというのは間違った常識

 

テレビや雑誌、ネットニュースなどを見ると、経済評論家やエコノミスト、証券アナリストなど様々な専門家がいますよね。

 

それらの専門家が、

 

  • ドル円は中長期的に150円を目指す展開になる
  • ユーロ円は135円を下値にして円安方向に進む
  • 長期的に見れば円安傾向が強いので、そういうポジションを持つべき

 

様々な発言をしているのを聞いて、FXの専門家が言っていることなので、信じて取引をしてしまう。

 

FX初心者に多い傾向だと思います。

 

でもそれが100%の確率で当たると思いますか?

 

このワナに引っかかってしまい、大きく損失を抱える人もいるんです。

 

なぜそのようなことになるのか?

エコノミストや評論家などは現状分析が得意なだけで、トレードの専門家ではない!

 

テレビや雑誌に専門家という肩書で出るくらいの人なので、何も実績がない人ではありません。

 

経済状況の分析に優れていたり、専門分野として研究をしてきたといことは間違いないでしょう。

 

でもFXで儲けるために重要なことは、

 

重要なポイント

実際にFXのトレードを行って、これまでに実績を積み上げていること。

 

そう言われると、専門家の意見を信じて負けた事がある人でも理解できるのではないでしょうか。

 

一番ひどいのはAさんの意見で失敗したから、今度はBさんという感じでどんどん別の専門家を信じてトレードをしてしまうこと。

 

これだとドツボにはまって、軍資金をどんどん溶かしてしまう可能性が高いです。

 

ではトレードの専門家であれば問題ないのか?

為替ディーラーや為替トレーダーが確実に勝てるわけではない

 

為替ディーラーや為替トレーダーといえば、FX取引で利益を上げることを生業としている専門家。

 

これならテレビに出ている専門家よりも、FXのトレード実績があり信じられると考える人もいるでしょう。

 

でも本当にその人を信じてよいのか?

 

個人的に思うことですが、

 

勝っているトレーダー
  • 本当に勝っている実績のあるトレーダーはわざわざテレビや雑誌で、自分の持っているポジションの話をしません。
  • 全員が同じポジションを持ってしまえば、勝てなくなったり利益が少なくなるなど本業に影響が出ますよね?

 

日本人は権威に弱い傾向があったり、他人任せの取引をする人が多いので、この点もしっかり意識しておくことが大切でしょう。

 

プロの為替ディーラーや為替トレーダーという人がなぜ自分でプロと言えるのか?

 

大きな会社や銀行で単にトレードをしているだけかもしれません。

 

意見を聞くことは大事ですが、それだけを深く信じ過ぎてしまうのは本当に誤った方法であると理解してください。

 

FX始めるなら初心者は信頼できる会社がおすすめって本当?FX始めるなら初心者は信頼できる会社がおすすめって本当?

 

シグナル配信などの投資助言業者なら信じても良いのか?

 

ネットでFX必勝法や勝てる方法を探していると、無料や有料でシグナル配信を行っている投資助言業者を見つけることもあるでしょう。

 

投資助言業者になるには、金融庁の許可を取る必要があるのでそれなら信頼できる。

 

そう考える人もいると思います。

 

実際にそういうシグナル配信サービスを使ってみるとわかりますが、

 

シグナル配信の実情
  • あまり当たりません。
  • たまに当たることがあっても、トータルでは負けている人が多いのではないでしょうか。

 

本人たちが本当にトレードをしているのかもわかりませんし、無料の場合は殆ど信じるべきではないでしょう。

 

勝率の低いサービスでも何十年とサービスを継続している会社も。

 

理由は簡単でカモになる人がいつの時代も一定数いるから。

 

そういう人から会費(情報配信料)をもらって事業を継続しているほうが、実際のトレードをするよりも経営が安定しますよね。

 

専門家の言うことだからと信じすぎずに、本当にその情報を信じて良いのかということを一度冷静に考えてみることをおすすめします。

 

FXは高金利通貨の取引をしたほうが稼げる(稼ぎやすい)は常識ではない

 

FXで取引できる通貨にはメジャー通貨とマイナー通貨があります。

 

メジャー通貨は一般的に基軸通貨とも呼ばれるもので、

 

メジャー通貨
  • 米ドル
  • ユーロ
  • 日本円
  • 英国ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • カナダドル
  • スイスフラン

 

それ以外の通貨がマイナー通貨になり、

 

マイナー通貨
  • トルコリラ
  • 南アフリカランド
  • メキシコペソ
  • アルゼンチンペソ
  • 中国元

 

メジャー通貨とマイナー通貨の組み合わせはFXでも人気の取引で、スワップ金利を稼ぐことができます。

スワップ金利狙いのFXトレードはリスクが高すぎる

 

2008年頃に流行ったトレード方法がスワップ金利狙いの取引。

 

世界のFX市場でもキモノトレーダーやミセス・ワタナベという言葉が流行り日本人投資家に注目が集まっていました。

 

キモノトレーダーの基本的なトレードスタイルは円キャリート取引。

 

円キャリー取引
  • 高金利の通貨を買って、低金利の日本円を売ってスワップポイントを稼ぐ方法。
  • 当時は豪ドルでも7%、南アフリカランドは12%もの金利がついていたので、レバレッジを利かせて大量に買って寝かせておくこと。
  • その結果、毎日数千円とか数万円のスワップポイントが得られるのでFXはほったらかしでも稼げるというイメージが定着しました。

 

しかしそれは想定内の値動きをした場合のことで、想定外の動きをすると一気に損失が広がります。

スワップ狙いの取引は想定外のリスクが多くデメリットが高い!

 

金利が高い国というのは成長国である反面、経済や情勢が不安定な国でもあります。

 

信用力が低いからこそ、高い金利を払ってでも自国の通貨を安定させる必要があるということ。

 

もしそのような国で想定外のことが起こったらどうなるか?

 

為替レートが大幅に変動し、スワップポイントよりも莫大な損失を抱える結果に。

 

高金利通貨は取引量が円やドルのような基軸通貨よりも少なく、大量の注文が激しい値動きに直結します。

 

高金利通貨の取引をする際には常にリスクが隣り合わせにあること、デメリットの方が大きいと理解しておきましょう。

 

FXはスワップポイントで稼ぐ?メリットやデメリットも理解しよう!FXはスワップポイントで稼ぐ?メリットやデメリットも理解しよう!

 

安くなったら買って、高くなったら売れば良いはFXの常識ではない

 

株式投資をしたことがある人なら一度は聞いたことがあると思います。

 

価格が下がったら買いで、価格が上がったらうまく売り抜ければ確実に稼げるという投資スタンス。

 

確かにそれもない話ではありませんが、FXは他の投資方法とは違うんです。

 

FXで利益を上げる方法は、

 

利益の上げ方

FXで儲けるためにはトレンドをみて、その流れに沿って取引をすることが最も確実な投資スタイル。

 

順張りが良いとか逆張りが良いということはなく、大きな流れをよんでそれに応じた取引を行って、コツコツ利益を積み上げいくことが重要です。

 

数日同じ方向に動いたから、今度は逆に動くという保証もありませんので、なんとなく取引を行うのも止めましょう。

 

基本的にトレンドに乗って順張りで行う取引が多い方が利益を上げやすいと覚えておいてください。

 

トレードにはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の両方が必須というのは常識ではない

 

FXでトレードする際に基準にしている人が多いのが、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析ではないでしょうか。

 

株式投資であればファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の両方が必要ですが、FXは少し異なります。

 

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、海外の経済指標や要人の発言、戦争やテロなど為替にまつわるニュースを分析の対象にするもの。

 

テクニカル分析

テクニカル分析とは、チャートを元にして将来の値動きを予想しようという方法で、平均移動線やローソク足などを基準にします。

 

FXはテクニカル分析に強い人の方が勝ちやすい傾向があります。

 

FXはテクニカル分析を軸に行うトレードスタイルがおすすめ。

 

FXのトレードを行う際には、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の両方を利用して、エントリーするのはテクニカル分析を参考にする方がおすすめ。

 

テクニカル分析を優先する理由は、

 

テクニカル分析

テクニカル分析を軸にFXのトレードを行うことで大きなトラブルを避けて勝率をアップさせることができます。

 

もしファンダメンタルズ分析を軸にすると、混乱する相場にエントリーすることになり、損失を被る可能性があるということ。

 

要人の発言や経済指標の発表などのイベントが起こると一時的に相場は大きく動きます。

 

どう影響するかは大事ですが、わからない場合はエントリーせずに放置しておけばよいということ。

 

あえて火中の栗を拾う必要もなく、より勝てる相場にエントリーすることが精神的にもストレスや不安を抱える必要もないのでおすすめですよ。

 

FXやめとけと言われる理由は?副業や投資にしない方が良いのか?FXやめとけと言われる理由は?副業や投資にしない方が良いのか?

 

FXの間違った常識が個人投資家の損失を大きくして負けやすくなるの記事まとめ

 

この記事では個人投資家がFXに対して持っている常識の中に間違っているものが多く、それが損失につながるということについて解説してきました。

 

一般的に言われていることでも鵜呑みにしないほうが良いことは、

 

まとめ
  • 専門家の意見は正しいので信じたほうが良い
  • 高金利通貨の取引をすれば稼げる(稼ぎやすい)
  • 安くなったら買って、高くなったら売れば良い
  • トレードにはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の両方が必須

 

FXでも株式投資でも他人の意見だけを参考にして行うトレードで勝ち続ける事ができる人はいません。

 

ラクして稼げるわけではないので、しっかり勉強して自分なりの投資スタイルを確立すべきでしょう。

 

他人の発言を信じて行った投資でもなくなるのはあなたの大切なお金なので、後悔することがないように注意してください。

 

多くの人が国内のFX業者を勧めますが、個人的には海外の業者の方がメリットが多いと考えています。

 

国内FX業者よりも海外FX業者の方がハイレバレッジの取引ができますし、ゼロカットシステムのおかげで借金を抱えずに済むメリットも。

 

まずはどのような特徴があるか、XMトレーディングの公式サイトでチェックしてみてください。

 

XMで口座開設をする!

 

XMトレーディングの新規口座の開設方法を図解付きで解説していますので、登録時の参考にしてください。

 

XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!XMの口座開設方法を徹底解説、スマホで短時間で登録できる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\日本人に一番人気の海外FX会社/
XMに登録してボーナスをもらう!
\日本人に一番人気の海外FX会社/
XMに登録してボーナスをもらう!